婚活地獄にハマった女性が抜け出すためにすべきこと

「諦める」事だろうね。

いや「これから婚活はじめます」「ハイスぺ男子、つかみたいです」じゃなくて、今回の記事は「婚活地獄にハマった女性」がテーマなわけで・・・

諦めろやw

まずはそこからだろう。

 

婚活地獄にハマってる女性が求めてる男の「平均値」

高いお金を払って結婚相談所に入会したんだから

・年収は500万円~
・MARCH以上の大卒
・身長170センチ以上

最低このくらいのスペックは求めたいのですぅ~、

とかナメた事ぬかしてるアラフォー婚活ババアはまず、を見ろ。

 

まず隣だが、これはちょうど昨日おれがお見合いする事にした女性のプロフィール。

そのまま書く。

・24歳
・身長165センチ、体重45~49キロ
・有名大学卒
・芸能人並に美人
・フレッシュのような笑顔とのギャップ is まぶしすぎ
・でもドアの開閉に困ってるベビーカーを押す女性を率先して助ける器量
・仕事にも積極的で大手外資コンサルに新卒で勤務
・共働き希望
・家事完璧
・父親は大手企業の執行役員

強すぎワロタw

 

では、次に鏡を見てみよう。

以下は、「婚活地獄」に陥ってる女性の平均的なプロフィール。

・アラサー~アラフォー
・並ちょい上~並以下の容姿
・並ちょい上~普通かそれ以下の学歴
・普通くらい~それ以下の家柄
・専業主婦希望
・働きたくない
・寄生先を探すのに必死
・自分には価値があると思い込んでいる
・子供まぁ別にどっちでもいいかな、出来たら嬉しいけど

「隣」と比べてみよう。

・・・

・・

諦めろ、としか言えない。。。

 

それでも一発逆転したい婚活地獄女のために考えてみる

現実を把握して、それでもなお一発当てたいと思うなら、一番大切なのはそれが限りなくぶっちぎりで狭き門になる事を、まずは重々把握&自覚する事。

断っておくが、別におれは婚活地獄女性をディスりたいわけじゃない。

せっかく記事を読みに来てくれてる、いわば当ブログのお客様に、嫌な想いをさせておかえりいただく・・・なんてモチのロンで望んでない。

だけど、おべんちゃらを言ったらそれはそれでノウハウ指南からはかけ離れてる。

ましてや、当ブログは「年収1,000万円以上」がテーマだ。

そういうハイスぺと呼ばれる男を、若くて綺麗な女を差し置いて、婚活地獄に陥ってる系の女性が手に入れるには?とか、「とりあえず、まず無理」という前提を共有しない事には始まらないんだよ。

ので、以下は「とりあえず無理」「だけど、希望があるとするならば」てな感じで、おれなりに考えてみた。

どういう人なら、婚活地獄にハマってる系女性でもお見合いしてみよう、付き合ってみようと思えるかを・・・

 

。。。

 

。。。

 

。。。

 

。。

 

。。

 

 

 

 

.

 

 

 

 

 

ごめん、どうやっても無理だわ。

現実見ろ、としかいえねぇ・・・

 

「いい男がいない!つかまらない!」と嘆いている婚活地獄女性へ

高望みをやめろ。

若くて綺麗な子には、どうひっくり返っても勝てない。

だけど、その高望みをやめた時、別の道が開かれる。

例えば、婚活男性側も若くて綺麗な子が欲しいわけで、そういうスペックの子には申し込みが殺到する。

となると、当然それをさらってくのはハイスぺ男性なわけで、普通スペックの彼らでは若くて綺麗な子には基本、来てもらえない。

じゃあ、どうするかと言うと、婚活カウンセラーたちはこうアドバイスする。

「自分の年収を100分の1にした数字。その数字分、年下の女性を狙ってください」

年収300万円なら3歳下。

年収400万円なら4歳下。

年収500万円なら5歳下。

と、いう事になる。

勿論、これはイケメンかどうかや、家柄、その他細かい要素で多少前後する。

が、この事から言えるのは、年収500万円以上の男性をつかみたければ、婚活地獄にハマってる女性は、自分の年齢に5歳を足した年齢の人を最低ラインに設定して探せばいい。

もちろん、女性側も女性側で、どれだけ見た目が綺麗か?でこの辺の変数は変わって来る。

ここで大事なのは、この「変数」部分を自分で判断しない事

だっておまえ、またどうせ「私ならこのくらいは・・・」とか高望みを始めるに決まってるから。だってそういう性質のアホだから、未だに婚活地獄から抜け出せてないんだろう?

現実見ろ、現実。

そして、現実を見せてくれるのは経験値の高い婚活カウンセラーだよ。

だから、まぁとりあえず結婚相談所に相談に行ったらいいんじゃないかな。

もう相談所に入ってる人は、「この記事でこんなことを書かれてたんだけど、私の考えってヤバイですかね・・・」って相談しに行けばよろしい。

すべてての物事には原因があり、原因には対策を立てられる。

そして、自分の身の丈にあった幸福をしっかり噛みしめられる人こそ、人生の勝者だとおれは思うよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

error: Content is protected !!